ホテルマンの休日

岡山の観光スポット・飲食店・ホテル情報を紹介。

美作滝尾駅【津山市堀坂】昭和初期の木造駅舎から見る田園風景が美しい。

f:id:ihoring:20200912202535j:image

ihoring、最近のブログネタに食べもの系多くね?

って思われてる方。

そのとおり!!(; ゚Д゚)

 

観光も紹介したいブログではあるんですが

食べ物に身も心もをゆだねておりました(-_-;)

 

そんなことを思っていた矢先…

つい先日、いとこの家に行く用事ができたんです。

いとこの家から「美作滝尾駅」(みまさかたきおえき)までは徒歩5分。

これだ!!

って思いましたね。

 

「美作滝尾駅」

ここは映画「男はつらいよ」シリーズ

最終作「寅次郎紅の花」

冒頭シーンに登場する駅。

 

この駅には監督の山田洋次氏の手紙が展示してあります。

手紙には

「寅さんと共に日本中の駅を見てきましたが、美作滝尾駅ほど美しい駅はもう日本のどこにもありません。」

としたためられています。

 

そんなすごい監督が美しいと言った駅をいろんな人に観ていただきたい!!

と思い今回、美作滝尾駅をレポってまいりました♪

 

 

美作滝尾駅とは

f:id:ihoring:20200912202722j:image

f:id:ihoring:20200912202643j:image

岡山県津山市堀坂にある

西日本旅客鉄道、因美線の駅。

戦前に建築された古い木造平屋作りの駅舎で

2008年11月に登録有形文化財に登録されてます。

名前になぜ美作がつくのか!?

それは九州豊肥本線大分駅の隣りに

先に開業の滝尾駅があったため。

 

そしてこの駅が有名になった理由は…

やはり「寅さん」!!

駅舎内にも書いてあったのですが

元々は渥美さんが出演する予定はなかったが

山田監督が寅さんの似合う風景として

美作滝尾駅を大そう気に入られて

渥美さんの出演が決まったそうです。

 

美作滝尾駅へのアクセス

津山駅からだと車で30分

国道53号線を走り

途中県道6号線、阿波・加茂方面へ!!

 

美作滝尾駅

外観

f:id:ihoring:20200912202618j:image

美作滝尾駅は因美線(鳥取県の鳥取駅から岡山県の東津山駅)に至る

西日本の鉄道路線です。

 

f:id:ihoring:20200914153515j:image

1970年(昭和45年)

市が駅舎の払い下げを受けてからは

地元の人たちで管理されています。

ご覧の通り!!

現在も開業当時の駅舎がそのまま。

ホントきれいに整備されています。

地元の人たちに感謝です。

 

f:id:ihoring:20200912202715j:image

男はつらいよ ロケ記念碑。

鉄道マニアの中では

戦前に作られた木造の駅舎として知られてました。

  

f:id:ihoring:20200912202626j:image

寅さんの映画をきっかけに鉄道ファンだけでなく

いろんな人に認知され今では岡山の有名な駅のひとつに!

実際1時間くらい滞在してたのですがその間に

県外ナンバーの車3台!

見学にこられる人は多いんですが

乗車、降車される方はまったくいなかったという(; ゚Д゚)

 

f:id:ihoring:20200912202332j:image

看板もいい味だしてるんですよ。

 

f:id:ihoring:20200912202503j:image

駅舎入口右手には登録有形文化財のプレート。

地元民の私としては

この形のまま後世にまで残していただきたいと願っているしだいであります。

 

駅舎内

f:id:ihoring:20200914153621j:image

開業当時そのまま。

ほとんど改装されてないそうです。

この昭和の感じってとても心地いいんです。

 

f:id:ihoring:20200912202711j:image

寅さんの撮影風景の写真も飾られてました。

 

f:id:ihoring:20200914153448j:image

今は無人駅ですが昔はこちらで切符購入、

手荷物を預かっていただけたそうです。

 

f:id:ihoring:20200914153504j:image

使い古された木の質感とか良い味でてるんですよ。

こういったものが当時のまま残っているってホントすごいです。

 

f:id:ihoring:20200912202522j:image

駅事務室。

入れなかったので切符売場の小窓から写真を撮りました。

まだここで誰か仕事してるんじゃないの!?

って思うほど生活感が漂ってた( ゚Д゚)

 

f:id:ihoring:20200914153529j:image

旅の思い出ノート。

オレがここに来たぞ!!

って記録も残せます。

 

ホーム

f:id:ihoring:20200912202343j:image

改札口。

ここを抜けると…

 f:id:ihoring:20200914153539j:image

駅のホームから見える田園風景。

めっちゃきれい( ゚Д゚)

 

f:id:ihoring:20200914153509j:image

木のベンチに腰掛け風景を観ながらたそがれる。

時間がゆ~っくり流れていくこの感じ好き。

 

f:id:ihoring:20200915100309j:image

ボケーっと高野駅方面を見ていると…

 

 f:id:ihoring:20200912202806j:image

「汽車」がやってきました!

「電車」じゃないんですよ!!

「汽車」です(笑

 

f:id:ihoring:20200912202751j:image

ホームは片面1線。

「汽車」は1両でやってきます。

1日の平均乗車人員は30人。(統計年度2018年)

引用元:美作滝尾駅 - Wikipedia

 

f:id:ihoring:20200912202324j:image

汽車が駅に到着するのは

1時間に1本あるかないか!!

時間を確認せずに美作滝尾駅にきた自分にとってはホント運が良かったです。

このあとは鳥取方面に向かって走ります。

線路は続く~よど~こま~でも~♪

気分も良かったので乗車して鳥取まで行っちゃいたいくらいでした(笑

 

感想

f:id:ihoring:20200912202940j:image

今回は美作滝尾駅をご紹介いたしました。

私のこの駅の印象は居心地がとっても良かったこと。

汽車が1時間来なくてもホント待っていられるくらい(笑

なんでなのかな?

と思ったんですけど

この木造のつくりが昭和のレトロな感じを生み出しており癒され、ホームから見る景色も最高だったんです。

このブログを読んでいただいた人たちに

少しでも良さが伝わって

見に行ってくれる人がいたらいいなって思っている次第です♪

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

美作滝尾駅

住所:岡山県津山市堀坂263